軟骨細胞シート

製品コンセプトと特徴

変形性膝関節症は加齢・肥満・遺伝・外傷などを原因として膝関節の軟骨表面が摩耗・変性し、膝に痛みを感じ、曲げ伸ばしが困難になる疾患です。変形性膝関節症を罹患する患者数は近年増加の一途を辿っており、国内の患者数は約3,000万人と推定され、自覚症状を有する患者数は約1,000万人と推定ていますが、軟骨は自己修復能力が非常に弱いことが知られています。症状が軽度の場合はリハビリテーション・サポーターなどの装具療法・ヒアルロン酸注射などの薬物療法といった保存療法が行われます。症状が重度の場合は手術療法が行われます。これらの治療法は一定の効果はあるものの、根本的な治療法ではありません。

私たちは細胞シート工学を応用し、東海大学との共同研究によって患者さん自身の軟骨組織から軟骨再生シートを作製することに成功しました。さらに現在はこの患者自身の軟骨を移植する自己移植に加えて、同種移植を目指し、多指症患者由来の軟骨組織を原料とした軟骨細胞シートの開発に取り組んでいます。

  • 自己軟骨細胞シート

    自己軟骨細胞シート

    自己軟骨細胞シートは患者さん自身の健康な軟骨組織から細胞シートを作製する治療方法です。

  • 同種軟骨細胞シート

    同種軟骨細胞シート

    同種軟骨細胞シートは多指症患者の廃棄組織から細胞シートを作製する治療方法です。

軟骨細胞シートに関する最新情報

細胞シート事業

軟骨細胞シート

お問い合わせ

細胞シート事業に関するお問い合わせは以下よりお願いいたします。